永代供養墓の墓誌について

墓に埋葬されている人の没年月日や戒名、俗名、享年、略歴など、故人の生前に関する内容を石板に彫刻したものに墓誌があります。

墓誌は、供養をする上においては必ず必要となるものではありませんが、墓誌を見ることで先祖や故人とのつながりや、家の歴史を知ることができるようになっています。



永代供養墓においても墓誌を設けて、納骨者の氏名や戒名を刻字することが多く、それは、永代供養墓が納骨や保管だけでなく、納骨者の記録を保存する役割を持っていることから設けられることになります。

永代供養墓で一般的に行なわれている内容としては、、共同の石板に納骨者名を刻字することで設けられています。

他にも、個別の小さな石板に刻字をして掲げる方法や、永代供養墓の周囲に小石板や小石塔を墓誌として設ける方法もあり、それぞれの寺院によっても方法は異なっています。

最近話題の神奈川の永代供養墓サポートと断言できます。

設ける場所などのない場合などでは、墓誌は作らず過去帳に記載をすることで行なっているところもあり、位牌によって行なっている寺院もあります。


管理者となる寺院は、納骨者などの記録を墓籍簿等に保存をすることが法的に義務付けられており、そのためにここでの管理は非常に重要なものとなります。永代供養墓における墓誌では、納骨者名等の他に、使用者の希望する言葉や銘を刻むことができるものもあります。

費用に関しては、設けられている一式料金に含まれている場合もありますが、寺院によっては別途の場合もあり、内容も含めて事前に確認をしておくことが必要になります。

NAVERまとめの詳細はこちらで簡単に調べられます。